ウッドデッキ・デッキ専門店のJinn deck(ジンデッキ)−広島県廿日市市

 

 

 

モモ科の熱帯広葉樹(ユーカリの仲間)

ユーカリ成分を含み、防虫性、防腐性が高く薬剤不要。赤褐色で、光沢があり、耐磨耗性・高耐久性を併せ持っている。芯材と辺材によって、色に差がある。耐久年数は25年以上(調査資料から)

 

 

クスノキ科の熱帯広葉樹

ポリフェノールを多く含んでいるため、防腐性・防虫性が高く薬剤不要。しかし、ポリフェノールを含んでいるため、雨水等により、色落ちする赤っぽい色が、出るが、中性洗剤で、落とすことが、できる。密度が高いため、雨水などに、極めて強い。材の色は赤褐色から黄褐色。耐久年数は30年以上(調査資料から)

 

 

ヒノキ科カリトリス亜科で針葉樹

別名、オーストラリアヒノキといわれている。香りもとてもヒノキに似た爽やかな香りで、アロマなどにも、用いられている。ヒノキチオールが大量に含まれ、防腐性・防虫性が高く薬剤不要。 ヒノキに比べて、白蟻死亡率も1.5倍高いため、白蟻の多い場所にも最適。他のハードウッドに比べて、節が多く、ひび割れが入りやすい。材の色は、白っぽく、他のハードウッドに比べて木本来の温かみが感じられる。耐久年数は25年以上(調査資料から)

 

 

フタバガキ科の熱帯広葉樹

バウラとも呼ばれています。他のハードウッドに比べて、表面が少し、ざらざらしている。耐久性が高いので、枕木や重構造物用木材、土台、橋梁等に使われている。ピンホールといって針を通したような穴があるが、立ち木の時に入り込んだ小さな虫によるものだが、伐採後にいなくなる。耐久性・強度に影響は無い。ハードウッドの中では価格が手頃である。黄褐色から赤褐色で、ウリンととてもよく似ている。耐久年数は20年以上(調査資料から)

 

 

ヒノキ科の針葉樹

別名、米杉。天然の殺菌力・防虫力に優れているが、ソフトウッドであり、防腐性がハードウッドに劣る。防腐性が劣るため、塗装などのメンテナンスを必要とする。収縮率が低い為、反りや曲がり割れが少ないが、耐摩耗性に劣る。比確的、柔らかい木なので、加工しやすい。ヒノキチオールという成分が心地よい香りを漂わせる。 耐久年数は、メンテナンスによって、変わってくるが、510年位。(調査資料から)

 

 

 

COPYRIGHT(C) 株式会社ジンコーポレーション ALL RIGHTS RESERVED.